廃材を再利用|ガレキ選別をするメリットを徹底解説

適切な処理方法

廃品

災害や解体などでガレキが発生したときには、きちんとガレキ選別を行う必要があります。専門の業者へ連絡し、ガレキ選別のための機械を購入、またはレンタルして迅速に対応しましょう。そうすることで、地球環境を守ることにもつながります。

道具を使わなければできません

産業廃棄物

ガレキの選別も廃棄も、様々な機械や道具を使わなければ効率的な作業は行なえません。どのような機械が廃棄においてどのような活躍をするのかを知り、適切な使い方を学びましょう。

ガレキ処分の重要性

解体工事

二次災害の危険

大地震やがけ崩れ、洪水などの自然災害では多くの災害廃棄物が発生します。記憶に新しい震度7を観測した熊本地震では産業廃棄物の発生量は130万トンにのぼり、これを処理するのに2年の月日を要するのだそうです。ちなみに東日本大震災では2000万トンにものぼるそうです。災害復興のためにはこういった莫大な災害廃棄物を処分しなければならないのです。処分をせずそのまま放置してしまうと、そこから火災が発生したりアスベストなどの有害物質が含まれていることもありますので有害物質の飛散となり二次災害を招くことになります。そうならないためにもガレキ選別をして迅速に処分を行う必要があるのです。災害廃棄物のガレキ選別は大まかに分けると木片などの可燃物やコンクリートなどの不燃物に分けられます。ただし先述したようにアスベストなどの有害物質も含まれている可能性がありますのでそこから細かくガレキ選別をする必要があります。自然災害で発生したガレキは色んな物質が固まっており大きく重いものなので、人の手で分別するには限界があります。そのためにガレキ分別専用の機械によって行います。ドリルで粉砕するものや振動で分別するものなどガレキの種類に応じて選別機を使い分けることになります。機械による分を行うことで驚くほどに細かく分別できます。細かい分別を行うことでガレキの大半はリサイクルとして再利用に回すことができます。ゴミを出さず自然環境を守るという観点からもガレキ選別は重要な作業なのです。

瓦礫選別の重要性

重機

環境を守るためにも、ガレキは正しい方法で処分しましょう。複数の廃棄物が混在している混合廃棄物は、振動篩機を使用すれば簡単にガレキ選別できます。使用頻度が多ければ購入しても良いですが、レンタルを行っている業者もあるので、費用を比較して選びましょう。